看護TOP

総看護師長あいさつ

★   地域との連携の中で、患者・家族にとって、最善の看護を目指して

 

総看護師長

小谷地孝子

koyachi takako

私たち、江刺病院看護科は、地域に根ざした看護を提供するために、地域の病院や施設と顔の見える連携を行い、急性期の看護から療養期への看護が途切れることなく継続され、安全で安心できる患者さま本位の温かい看護が提供できるよう努めています。

患者さまの人としての尊厳と権利を尊重し、患者さまとご家族の満足向上のために信頼される看護の提供ができ、看護師が看護にやりがいを感じ働きやすい職場環境づくりを目指しています。

 

 

看護科の理念

看護科の理念

地域の人々に愛される、安全で安心・安楽なこころのかよう患者中心の看護を提供します。


基本方針 
  1. 患者の人権を最優先し、信頼される看護を提供します
  2. 患者の立場に立った、人間性豊かな温かい看護を提供します
  3. 地域の人々のニーズに応えれるよう、質の高い看護を提供します

 

★平成29年度看護科目標 
  1. 安全・安心な質の高い看護を提供します。
  2. 人としての尊厳を守り、個別性を考えた看護を提供します。
  3. 保健医療福祉者・多職種と協働し継続したケアを提供します。
  4. 適正な加算算定と在宅医療に向けて退院調整の円滑化に努めます。
  5. PNSを中心とした看護体制を確立し働き易い職場作りに努めます。

 

看護科組織体制

★一般病棟入院基本料 10:1  3交代制
 急性期看護補助体制加算 25:1
 看護職員夜間16対1配置加算
 外来:当直制

 

★看護提供方式

平成27年2月よりパートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)を取り入れており、定着してきています。
※PNSとは、看護師ふたりがパートナーとなり協力し、看護業務を一緒に実践して安全で質の高い看護を提供していく体制です。

 

★患者受持ち制の案内

当院では、患者さまに安心して療養していただけるように、受持ち看護師が入院から退院まで責任をもって受け持たせていただきます。
看護師は、三交代勤務をしておりますので受持ち看護師が不在となることがあります。

 


 その際は、各勤務帯の担当看護師が責任をもってお世話させていただきます。
一週間以内の短期入院の場合は、各勤務帯の担当看護師が責任を持ってお世話いたします。

上に戻る