泌尿器科

対象疾患と診療内容

当科では腎臓、副腎、尿管、膀胱、前立腺、尿道、精巣、陰茎など尿路感染症全般の疾患を扱っています。また腎不全に対して透析治療もおこなっています。

当科で扱う主な疾患は以下のとおりです。

腫瘍:腎癌、腎盂・尿管癌、副腎腫瘍、膀胱癌、前立腺癌、尿道癌、精巣腫瘍、後腹膜腫瘍など

尿路感染症:膀胱炎、腎盂腎炎、精巣上体炎、前立腺炎、亀頭包皮炎など

排尿障害:前立腺肥大、神経因性膀胱、過活動膀胱、腹圧性尿失禁など

その他:腎・尿管・膀胱結石、腎不全、陰嚢水腫、精索捻転、包茎など

 

主な検査について

外来受診時は以下の検査を行います。

  • 問診票に受診理由、症状、今までにかかった病気などを記載します。
  • 採尿(尿の性状を調べます。)
  • 血圧測定
  • 症状によってはレントゲン写真を撮影してから診察になります。

必要に応じて以下の検査を行います。

  • 触診、視診、聴診など
  • 直腸診(肛門から指を入れ、前立腺の大きさや硬さを診ます。)
  • 尿培養(膀胱炎などの尿路感染症の原因となっている細菌を調べます。)
  • 尿細胞診(尿の中に癌細胞が混じっていないか調べます。)
  • 尿流量測定(尿の勢いや排尿にかかる時間などを調べます。)
  • 超音波検査(超音波で腎臓、膀胱、前立腺などに形状異常がないか調べます。)
  • 腎尿管膀胱部単純撮影(尿路結石や異常な石灰化の有無、骨状態を診ます。)
  • 排泄性尿路造影(造影剤を注射し尿路の形や流れを診ます。)
  • 逆行性尿道造影(尿道から造影剤を注入し、尿道の狭窄や前立腺による尿道の圧迫を調べます。)
  • 膀胱鏡検査(尿道から内視鏡を入れて膀胱内の状態を観察します。)
  • CT、MRI(緊急時以外は予約になります。)

 

こんな症状があったら当科を受診してください

  • 健康診断や人間ドックで血尿(尿潜血)を指摘された。
  • 前立腺癌検診で前立腺特異抗原が高いと指摘された。
  • まっ赤なおしっこが出た。
  • おしっこの回数が多い。
  • 排尿時に痛みがある。
  • 残尿感がある。
  • 急におしっこがしたくなって、がまんが難しい。がまんができずに漏らすことがある。
  • おしっこが出にくい。
  • 尿が出始めるまでに時間がかかる。
  • 排尿に時間がかかる。
  • おしっこの勢いがない。弱い。
  • 夜中に何回もトイレに起きる。
  • 重いものを持ったときや咳やくしゃみをしたときに尿が漏れる。
  • 側腹部、右または左の背部に痛みがある。
  • 陰嚢が腫れてきた。   など

 

透析室

透析室では医師1名、看護師5名(常時3~4名)で業務にあたっています。

当院では通常の血液透析のほか限外濾過、血液濾過透析、血液吸着法など行っています。

透析に関するお問い合わせは透析室または泌尿器科外来までお願いします。

  • スタッフ:医師(1名:泌尿器科兼務)主任看護師(2名)看護師(3名)
  • 透析用コンソール11台(HDF対応可1台)
  • 最大収容可能人数40人
  • 夜間の維持透析は、対応不可です。
  • 旅行透析は、空きがある場合対応できます。
  • 腹膜透析は、対応可能です。

 

 
午前 佐々木 佐々木 佐々木 佐々木 佐々木
- 応援医師 - - -
午後 - - - - -

※新患の受け付けは11:00まで。 ※再来の方は予約診療を行っています。   (時間帯 9:00~9:30 9:30~10:00 10:00~10:30 10:30~11:00 11:00~11:30) ※午後は急患のみ診察となります。

上に戻る