トップページ » 病院概要 » 環境方針

環境方針

環境方針

県は、「岩手県環境の保全及び創造に関する基本条例」及び「いわて環境王国宣言」に基づき、岩手県における県民及び事業者の地球温暖化防止等の促進を図るとともに、第2次岩手県地球温暖化対策等実行計画の目標を達成するために、以下のとおり取組を推進します。

  1. 常に省エネルギー及び省資源を念頭において、事務・事業を行います。
  2. 低炭素社会の実現に向けた職員の意識向上を図ります。
  3. 環境関連法令等を遵守するとともに、環境負荷の低減に努めます。
  4. 本システムの継続的な改善を図ります。

平成21年4月1日 岩手県知事 達 増 拓 也

 

 

環境運用方針

~基本理念~

岩手県立江刺病院は、岩手県の環境方針に基づき、当院の基本理念である「地域の人々に愛される病院づくり」の一環として、地球環境に配慮した取組を積極的に展開します。

~基本方針~

  1. 当院の医療活動に関わる環境側面を職員を含めた全員が常に認識し、定期的な見直しにより環境管理システムを継続的に向上させながら汚染の防止に努めます。
  2. 関連する環境の法規制等を遵守します。
  3. 医療材料・薬品・食材の無駄を無くし、廃棄物の排出量の縮減を図り環境保全に努めます。
  4. 環境に悪影響を与える緊急事態を想定し、その対応を講じます。
  5. 省エネルギー・リサイクル活動による環境に対する負荷の軽減に職員全員が継続的に取組み、地域や家庭でも応用するよう努めます。
  6. 当院で働く、職員を含めた全員に方針を周知します。また、方針は外部に公表し入手可能とします。

平成26年4月1日 病院環境管理者 岩手県立江刺病院長  川 村 秀 司

上に戻る