CEセンター

当院CEセンターは、医療機器の操作を中心とした臨床技術提供業務と医療機器の安全管理を中心とした医療機器保守管理業務を行っています。主な業務内容は以下の通りです。

 

Ⅰ.臨床技術提供

 

  1. 血液浄化関連業務(機器の操作・管理、トラブルに関する対応)
  2. 人工呼吸器関連業務(機器の操作・管理、回路交換、使用中点検、トラブルに関する対応)
  3. ペースメーカー関連業務(定期検査、トラブルに関する対応)

 

 

Ⅱ.医療機器保守管理

 

  1. 医療機器の更新・廃棄に関する医療機器管理台帳の管理
  2. 医療機器の中央管理(輸液ポンプ・シリンジポンプ・人工呼吸器など)
  3. 医療機器の保守点検管理
  4. 医療機器に関するトラブルや修理の対応

 

 

Ⅲ.医療機器に関する院内教育

医療機器を使用・操作する医療従事者に対しての安全技術教育を行い、院内職員の技術向上に努めています。

 

※臨床工学技士とは・・・

医療技術の発展に伴い、患者の生命に関わる高度な医療機器が数多く使用されています。これらの医療機器を安全に操作・管理するには、専門的な知識や技術を持った人材が必要となり、医学と工学の知識を併せ持つ国家資格として臨床工学技士が誕生しました。臨床工学技士は、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする医療機器の専門医療職種であり、施設によってCE(Clinical Engineer)または ME(Medical Engineer)と呼ばれています。

 

 

上に戻る