トップページ » 臨床検査科

臨床検査科

明るく元気で活力のある検査科運営を目指して日々検査業務を行っています。

 

 

運営方針

生命と健康を守る検査科の確立と効率的臨床検査体制を目指す

 

 

江刺病院臨床検査科運営推進目標

  1. 精度の高い臨床検査業務に取り組む
  2. 業務体制の見直しと業務シフトの推進
  3. 圏域内でのコミュニケーションを図り良質運営に努める
  4. 患者様、職員から親しまれ、信頼される検査科にする
  5. 病院機能評価認定病院認証後の取り組み継続
  6. 意識改革と資質の向上に努める

 

 

臨床検査科の業務

臨床検査は、患者さんから採取した血液や尿、便、細胞などを調べる検体検査と、患者さんと直接接して調べる生理機能検査の大きく2つに分けられます。

 

生化学・免疫血清検査

血液中の糖質、蛋白質、電解質、酵素などを定量分析し臓器の異常を把握します。

また、免疫機能の状態を検査することで、身体に侵入した細菌やウイルス感染の有無や感染時期の判定のため、血清中の抗体検査を行います。

主な検査

肝機能、腎機能、脂質検査、糖尿病関連検査、感染症検査、インフルエンザ抗原検査

 

 

血液学的検査

貧血や炎症性疾患・出血性疾患の診断や治療のために、血球算定、血液形態、凝固検査を行います。

 

主な検査

血球算定検査、血液像検査、凝固検査、骨髄検査

 

 

 

 

輸血検査

輸血のための血液型検査や、交差適合試験を行います。血液製剤の発注から納品、検査後の払出しまで一元管理しています。

 

主な検査

血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験

 

 

 

一般検査

腎疾患や糖尿病などの診断や治療のために、尿中の成分(蛋白、糖など)を定性・定量検査し、顕微鏡で尿中の細胞や細菌を観察します。また、消化管出血の有無を糞便で検査します。

 

主な検査

尿定性検査、糞便検査、穿刺液検査

 

 

微生物学的検査

患者さんから採取した喀痰や尿を染色し、細菌がいないか顕微鏡で観察します。

 

主な検査

グラム染色

 

 

生理機能検査

患者さんに直接接して行う検査です。正しい情報を得るには、患者さんの理解と協力が必要です。

 

主な検査

心電図検査、呼吸機能検査、聴力検査、血圧脈波検査、超音波検査(心臓・腹部・泌尿器・頸動脈・乳腺・甲状腺・下肢深部静脈)

 

 

上に戻る