栄養管理科

栄養管理科は、入院患者さん個々の栄養管理計画に基づいた治療食としての食事の提供及び、入院・外来患者さんへの栄養相談などを行っている部門です。

 

特徴

入院中のお食事について

入院中のお食事は、患者さんの病状に応じた食事を医師の指示のもと、 当院の厨房で衛生的に作られた食事を提供しております。安全・安心で満足度の高い食事の提供を心がけ、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく配膳できるよう配慮しております。

【食事時間】  朝食:7時30分     昼食:12時     夕食:18時

 

★食べやすい食事の提供

噛むこと(咀嚼)や飲み込むこと(嚥下)が難しい患者さん、または病気や治療のために食欲が落ちて食べられなくなってしまった患者さん、食物アレルギーのある患者さんには担当管理栄養士や調理師が病室にお伺いし、個々にあった食事の工夫をしております。咀嚼や嚥下困難な方には、嚥下訓練食やペースト状の食事、ゼリー状の食事など、段階に合わせた内容をご用意いたしております。

 

★誕生祝膳の提供

1年に1度しかない誕生日をやむなく病院で過ごされる患者さんに少しでも喜んでいただきたいと誕生祝膳を提供しております。看護師と調理師などのスタッフで病室にお届けし、♪ハッピーバースデーの歌を添えております。

            

 

★行事食・県産食材の使用、減塩適塩の取り組み

当院では、季節ごとの行事食はもちろん岩手県内で獲れた地場産品を使用した料理を提供し、喜んでいただける食事の提供に努めております。また、適塩メニューの提案など減塩の意識を高める取り組みも行っております。

 

 

栄養指導

食事療法の必要な入院・外来患者さんを対象に医師の指示のもと、個々の生活習慣に合わせた個人指導を行っております。実行しやすく、継続しやすい栄養指導をめざしています。栄養相談は予約制です。希望される方は、医師の指示が必要ですので、受診されている診療科にお申し出ください。 指導日: 月曜日~金曜日(祝日はお休みです) 指導内容: 糖尿病、脂質異常症、高血圧、心臓病、肝臓病、膵炎、糖尿病腎症、慢性腎不全、透析、腎臓病、肥満、貧血、消化管の術後 等

 

入院中の栄養管理について

管理栄養士が全入院患者さんの栄養管理計画を立案し、個々に応じた栄養管理を行うとともに、特に栄養管理が必要な患者さんに対しては、NST(栄養サポートチーム)により対応しております。

 

NST・・・栄養サポート専門の医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士他による栄養サポートチームです。奥州市歯科医師会と連携し、栄養状態の改善に努めています。

上に戻る