トップページ » 病院概要 » 基本理念

基本理念

基本理念

私たち職員は、県営医療の根幹である「県民に平等な医療の恩恵を」の精神を受け継ぎ、患者さんに「誠実と医学で支える良質な医療」を提供し、地域の人々に愛される病院づくりを進めます。

 

 

基本方針

  1. 人間性豊かな温かい医療を行い、いつでも患者さんの立場に立った心かよう医療を行います。
  2. 患者さんのプライバシーを守り、医療サービスの向上と医療機能の充実に努力し、より信頼される病院づくりを進めます。
  3. 職員は、常に向上心を持って、知識と技術をより豊かな物とし、安全で安心な医療を行います。
  4. 救急医療体制を24時間行い、地域住民の方々の健康と生命を守り、夜間、休日の不安を解消するよう努力します。
  5. 近隣病院、施設等の連携・協働により、患者さん・家族の生活を支えられるよう努力します。

 

 

江刺病院のおける職業倫理の方針

  1. 私たちは、常に人間の生命、人間としての尊厳および権利を尊重します。
  2. 私たちは、全ての人々に差別することなく公平・平等に適切な医療を提供します。
  3. 私たちは、患者さんのプライバシーの権利を保護するために、故人に関する情報の秘密を厳守します。
  4. 私たちは、患者さんの知る権利および自己決定の権利を尊重し、その権利を擁護します。
  5. 私たちは、全職員が連携・協力・尊敬し合い、患者さん中心の医療を目指します。
  6. 私たちは、優しい心で接するとともに医療内容についてわかりやすく十分に説明し、患者さん・ご家族との信頼関係を築く医療を目指します。
  7. 私たちは、医療従事者としての研修に励み、常に質の高い医療を提供できるよう、医学の知識と技術の習得に努め、この職業の尊厳と責任を自覚し、人格を高めるよう心掛けます。
  8. 私たちは、常に患者さんの安全に配慮し医療事故防止に努めます。
  9. 私たちは、医療廃棄物の適切な処理に基づき、環境破壊(汚染)防止に努めます。
  10. 私たちは、地域住民の健康を願うとともに、医療の公共性を重んじ、医療を通じて胆江地域の発展に尽くします。

 

 

臨床における倫理の方針

当院では、患者さんの尊厳及び人権に配慮して医療を行います。

  1. 患者さんの人権を守ります。

    (1)説明義務(がん告知、知る権利に関するインフォーム・ド・コンセントの徹底)

    (2)守秘義務(個人情報保護)

    (3)患者さんの立場に立った対応で良好な信頼関係を築くこと。

  2. 患者さんの自己決定権を尊重します。

    (1)治療方針の選択(医療従事者との相互理解による患者さんの意思表明を尊重)

    (2)医療参加(患者さんにお願いしたいこと、患者・家族の医療安全対策8ヶ条)

  3. 以下のような問題については倫理委員会で審議を行い、治療方針を決定します。

    (1)尊厳死、ターミナル・ケア、延命治療など生命の尊厳に関する問題

    (2)患者の信条と医療行為の妥当性に関する問題

  4. 病院の情勢、診療機能により「脳死判定」については対応できません。しかし、医療従事者としてその倫理的事項を理解しておくことが必要であり、職員研修及び自己研修などで理解に努めます。
  5. 患者さんの治療と直接関係ある医療行為などの、臨床における倫理的な問題、課題を整理して、病棟の合同カンファランスで問題点を十分に検討して方針を決定します。主治医・担当看護師等で方針を決定できない場合は、倫理委員会に検討・審議を申請し、そこで決定された方針に主治医は従います。

 

 

 

 

上に戻る